徳島は「やればできる子」、もっと自信を持て!

多良布久の大将に、以前カウンターで話したネタを頼まれたので、忘れないうちに書いておく。

影の薄い徳島

「四国4県の中で、一番好きな県はドコですか?」と訊かれれば、俺は迷わず「徳島」と答える。
それは、判官贔屓に近い。
いいところがたくさんある徳島なのに、四国4県の中で比較的印象が薄いのが徳島。
くまなく歩いて徳島の良さを知っているから、応援してあげたくなる。

高知は美人が多く、愛媛は名城が多く、香川はうどんが美味い。
じゃぁ徳島って何が有名なの? みんなそう思ってる。

名所なら、鳴門・祖谷・薬王寺・酷道439号。
食べ物なら、すだち・徳島ラーメン・鱧・和三盆。
イベントなら、阿波踊り・人形浄瑠璃・マチ★アソビ。

では、なぜこんなに影が薄いのだろう?

徳島の名物を知らない徳島人

遍路で四国各地を巡ると、出会った地元の人に名物を聞く。
土佐人なら旨い居酒屋を、伊予人なら旨いじゃこ天の店を、讃岐人なら旨いうどん屋を教えてくれる。
でも、阿波人がまともに答えられた試しがない。

「どこのラーメン屋がオススメ?」
「うまい魚を出す居酒屋教えて」
「鳴門金時を使ったスイートポテトってドコで買える?」
「和三盆を使った和菓子がほしいんだけど」

これらの質問に答えられる徳島人に、俺はまだ会ったことがない。
徳島人に聞くくらいなら、ネットで検索したほうが早い。

以下、Gigazine一番難しいのは「生き残ること」、大塚明夫が「声優」という職業を語る より。

高橋:
~ 引用略 ~
初めての徳島ということで、お楽しみいただければうれしいのですが、今晩食べたいものはなんですか?」っていう質問です。何か今晩、徳島のもので味わってみたいものはありますか?

大塚:
おいしいもの?(笑)うーん。ラーメンは明日にしようかという感じでね。徳島っていうのは、基本食べ物ってなんなの?

客1:
鳥。

客2:
魚。

大塚:
食べ物って言ったんだよ……。

客3:
阿波尾鶏。

大塚:
ああ、知ってる知ってる。阿波の鳥でしょ?魚と鳥か。そうか。じゃあ、焼き鳥?そんな感じがいいんじゃないですか。

高橋:
是非ね、そんな感じで徳島を満喫していただいて。

徳島人にアバウトな名物の質問をしたら、マジでこんな感じだから…
内気なアニオタだから、こんな受け答えってわけじゃないんだよ…

徳島は自慢することがないと思っている徳島人

ここに、面白いデータがある。「都道府県出身者による郷土愛ランキング」。

四国4県のうち、高知がダントツで愛着・自慢が高い。福岡とほぼ同じくらい。
これは、高知人とたくさん話してきた者にとっては納得できる数値だ。
龍馬や長宗我部を愛していて、酒と話と女が好きで、でも、仕事がなくて賭け事が好きで。
イイ面もワルい面も全部ひっくるめて、高知人は高知を愛し、自慢している。

でも、徳島人は徳島に自慢がない。愛着はそれなりにあるのに、自慢が格段に低い。
対岸の大阪や神戸といった大都市と比べてしまうから?
東京と隣接する埼玉、愛知と隣接する岐阜と同じような傾向だ。
でも、愛着度と比較してあまりにも低すぎる。

徳島人が徳島に自信を持つようにするには

どうして徳島人は郷里に自信を持てないのか?
阿南で獲れた鱧は京名物となり、美馬で獲れた野沢菜は信州名物となり、すだちは添え物だから?
ぜひ、徳島人は自らの手で原因究明してほしい。

俺が感じている原因の一つのは、徳島の観光アピール度の低さ。

今年2年半ぶりに訪れた高知は、龍馬伝が終わったというのに相変わらず観光PRがすごかった。
リピーター向け観光パスポートに、高知駅前にデカい維新の志士像(龍馬・慎太郎・半平太)を新設。
観光案内所・道の駅では多種多様なパンフレット。これらは、当然地元の高知人も目にすることになる。

愛媛なら『坂の上の雲』で文学の街。香川ならうどん県。
でも、徳島の観光アピールは全然伝わってこない。
県外に伝わっていないという意味でなく、徳島にいても徳島のウリがわからないのだ。
これだと、地元の人も徳島のウリが何なのか気付きにくい気がする。
ぜひ、徳島県は観光アピールを在り方を再考してほしい。

他県の人間ができることは、徳島人が気づいていない徳島の良さを褒めてやり、自信をつけさせることくらいか。
ぼうぜの姿寿司・蕎麦米雑炊・ういろう・豆玉・フィッシュカツ。いいものは、まだまだたくさんあるのだから。
徳島人は褒められれば伸びる子なので、自信が付けばいい結果を残してくれるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です